ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

貧乏体験

髪の毛は、つねにセルフカット

投稿日:

私は、少しでもお金を節約するために、髪の毛を切りに美容室に行っていません。
美容室に行けば、身なりを綺麗にできるとは思っているのですが、やはり、一度いくと数千円かかってしまうからです。
さらに、一度綺麗にしてもらっても、結局1ヶ月以上経てば、また髪の毛は伸びてしまいます。

そんなことを考えていると、「自分で髪の毛を切って、髪の毛は普段くくってしまっていれば、特に問題ないかな」と思うようになりました。

ショートカットなどは、技術が必要なので難しくて無理ですが、ボブであれば、切りそろえて、さらに、失敗したときには髪の毛をくくってしまえば、失敗に気づかれることは無いと思います。

前髪も自分で常に切っているので、たまに失敗すると、周りの人が私と会話をするときには、前髪に視線が行っているのに気が付きます。

親にもそのことを話すと、自分の子どもが、お金の節約のために自分で髪の毛を切っていると思うと、物凄く哀れみの目で見られてしまいます。

ですが、やはり、ここの費用を抑えられるのは、貧乏人としてはとても助かるところです。
もう、一年半以上は美容室に行っていないので、かなり節約になっていると思います。
これからも、節約のために、自分で髪の毛を切り続けたいと思います。

ですが、髪の毛を自分で切るというのは、だんだんと上達してくると、切ったときに達成感があります。
昔に比べると、自分自身で切り方が分かってきて、うまくなってきていると感じます。

さらに、周りに人に、自分で髪の毛を切っていると言うと、驚かれますが「うまく切れてるね」と言ってもらえます。
お世辞だろうとは思うのですが、とりあえず、自分で切ったことを気づかれないこともあるので、このままでも大丈夫かなと思っています。

それ以外にも、髪の毛を染めるのも、自分でしています。
そして、ヘアクリームなどは、一度で使い切らないといけなくて勿体無いので、ミストタイプのものを購入して、毎日少しずつ使用して、髪の毛がプリン状態にならないようにしています。

一度の髪の毛を染めてしまうと、生え際で差が出てしまい、またすぐに髪の毛を染めたくなります。
ですが、ミストタイプのものを購入してそれを少しずつ使っていけば、自然に髪の毛が染まったような感じになり、生え際からの色の違いもあまり気にならず、節約になります。
この方法であれば、ヘアカラー代もだいぶ節約になり、とても助かっています。

-貧乏体験
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.