ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

ニュース

宅配ボックスの設置規制の緩和は宅配業者の負担軽減になる

投稿日:

宅配ボックスは不在でも荷物を受け取ることができる便利なものです。
国土交通省が、宅配ボックスの設置規制の緩和方針を決めたニュースが話題になっています。

このことによって今後は宅配ボックスの設置がさらに広がっていくことが予想されます。
宅配ボックスは、商品の注文者が在宅する必要がないため便利です。

配達する側にとっても、宅配ボックスの設置は大きなメリットがあります。
せっかく荷物を届けても不在で渡せないことが、宅配業者に従事する人を疲弊させている大きな要因の一つになっています。

再配達は手間が二重になるため、その部分で考えれば労働量が倍になります。
再配達の手間がなくなれば、配達人はかなりの負担軽減につながっていくでしょう。

加えて宅配業者側も、人手不足を解消できるきっかけになる可能性がありメリットは大きいです。
昨今の配送サービスは非常に充実しており、注文してから自宅に届くまでそれほど時間がかからない場合が多いです。
注文した翌日に商品が届くようなものもあります。

サービスが充実してくるとそれが当たり前のようになってしまいますが、素早い対応をするためには、その分労働者に負担がかかっていることを意味します。
ネット販売が増大し、ネットを通じて商品を購入する人が非常に多くなっている中で、宅配業者の負担をいかに減らすことができるかが大きな課題です。

そのためには、宅配ボックスのようなシステム的なものを充実させていくことは大切です。
それと同時に、宅配業者側も消費者側も、工夫や意識改革を行っていくことが必要になります。

注文すればできるだけ早くその商品が手元に欲しいと思うこともありますが、しかし人によって緊急性の違いがあります。
すぐに欲しいと思う場合もあれば、少し後でもいいと考える人もいますし、中にはずいぶん後になっても構わないという人もいるでしょう。

配送完了まで長期になっても構わない人はポイントをたくさん獲得できるとか、商品が割引になるとかのサービスがあれば、宅配業者の負担軽減につながる可能性があります。
もちろん発送業者の負担軽減にもつながるでしょう。

消費者側も、商品の届く時間帯に在宅する意識を持つ必要がありますが、但し商品がいつ届くかわからない部分もあります。

大まかでも届く時間帯がわかっていれば在宅しやすくなりますし、そういった配達に関する情報をどれだけしっかり消費者に伝えることができるかも重要です。
宅配ボックスの普及やその他様々な取り組みによって宅配業者の負担を軽くしていくことができれば、消費者にとってもメリットは大きくなるでしょう。

-ニュース
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.