ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お薦めしたい映画

心が洗われるような映画『little forest』

投稿日:

「little forest夏・秋」と「little forest冬・春」は4部作の映画ですが、公開時には季節2つずつにわけて上演されました。2014年と2015年にそれぞれ公開されていて、元々は五十嵐大介による漫画が原作です。

舞台は日本の東北の小さな集落、小森というところに1人で住んでいる若い女性、「いち子」が送る、ほぼ自給自足の生活模様です。

いち子は幼い頃にこの地で母と暮らしていましたが、ある日母が突然失踪し、彼女も都会へと出て暮らすのですが、それがうまくいかずに戻って来て1人で暮らしているのでした。ソースやジャム、ヌテラなども自分で作るのは母からの教えによるものですが、いち子は素材から自分で作り、丁寧に生活をしているのです。

季節が変わるにつれてそこで住む厳しさを感じますが、幼馴染のキッコから人と向き合ってこなかったことを指摘されたり、ユウタからは大事なことから目をそらしてるなどと言われ、気まずく感じるのです。彼女はついに決心して都会で自分の居場所をみつけようと小森をあとにするのです。

主演は橋本愛で、脇役は名俳優をそろえているので安心してみることが出来ます。幼馴染の男の子役は三浦貴大、幼馴染の女の子役は松岡茉優、他にも桐島かれんや温水洋一がいます。

この映画の見所は、何と言ってもその自然の美しさでしょう。小森の朝もやや夕焼け、鳥や虫の鳴き声や風の音、煌く光に夜の闇などが、田舎を思い出させるのです。行ったことはないはずなのに、どこか懐かしい日本特有の景色には思わず息を呑みますし、その中で額に汗しながら懸命に畑仕事をして収穫しているいち子をみると、普段自分は何の感謝もせずにご飯を食べているけれど、白米一つ出来るのだってあんなに大変なんだよな、と恥かしくなる思いです。

そしていち子が作る数々のおいしそうなご飯!一つ一つ材料から育てて収穫し、それを料理しているわけです。時間も手間もかかったそれはとてもおいしそうで、それを橋本愛さんという美少女が無言でもりもりガツガツと食べていきます。

基本的には景色か、食事風景の映画ですが、見ている最中からとてもお腹が空いていきます。そして自分の体を大事にした、体によい食事をちゃんと食べたいと強く思うようになるのです。

ちょっと不摂生したいかな、とだらけた気持ちになった時にこの映画を観ると、背筋がしゃんとのびます。やはり私達人間は自然の中で生きているんだ、あまりに機械化されて忘れてしまっているけれど、本来はこうやって生きていくのが人間なんだ、と思い出させてくれる作品です。

最後に流れるYUIさんの素敵で柔らかい歌もとてもいいです。まさしく心が洗われるような映画ですから、しっかりとした食事を大切な人と食べたあとに一緒にお茶を片手に見て欲しいです。

-お薦めしたい映画
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.