ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お薦めしたい映画

「美女と野獣」は凄い映画です

更新日:

今日おすすめしたい映画は2017年公開された、ウォルト・ディズニーの「美女と野獣」です。
エマ・ワトソン主演で話題になった作品です。

フランスの童話を元にし、ストーリーはかなり有名だと思います。
野獣に変えられてしまった王子と、家具や食器に変えられてしまったメイドや使いの者達。

彼らの呪いを解くには、バラの花びらがすべて落ちる前に、誰かを愛し、誰かに愛される必要があります。
しかし、こんな醜い野獣を誰が愛してくれるのかと嘆く王子。

そんなある日、町娘のベルの父が、一輪の薔薇を貰うために野獣の屋敷に忍び込みます。
それを許さなかった野獣は、父を捉えてしまうのです。

その父を助けるため、ベルが訪れ身代わりになりました。
ここから運命が動き出し、最初は嫌悪しか抱かなかったベルが、真の野獣の優しさや事情に触れていくことで恋に落ち、呪いを解くのです。

この作品のすごいところは3つあります。
まず1つ目はエマ・ワトソンの歌です。
ミュージカル調で、時折入る歌のベルパートが非常に綺麗です。
1番最初に町から始まるのですが、その時のエマ・ワトソンの声の伸びが素晴らしいです。
世界観にすごくあっていて、一瞬で引き込まれます。

2つ目は映像の美しさになります。
衣装の細さや、家具に変えられてしまったメイドたちのCGの細さは、原作を忠実に再現していると思いました。

また、野獣とダンスをするシーンがあるのですが、その際のベルのドレスも息を呑みます。
細かい刺繍や模様がアップで移された瞬間、美しさに言葉を失います。
本当にワンシーン、ワンシーンが美しいです。

そして最後は、映画を通したテーマです。
一見今作品は、人は見た目で判断してはいけない、人は心の中にいくつもの顔を持つということが描かれています。

実際醜い野獣と、美しいという意味を持つ名前をしたベル。
この2人は対照的です。

また、もう1人ベルに恋する町男、ガストンもいますが、ガストンはハンサムで街の人気者です。
彼はベルに求婚しますが、ガストンの横暴な性格を嫌うベルは、一切心惹かれません。

こういったキャラ同士の対比からも見た目、中身、というのはテーマになっています。
しかし、途中ベルが野獣に捕えられてからのことです。
ベルは自由を失ったことに絶望します。

そんなベルを励ましたのは、家具にされたメイドたちなのです。
ベルは家具になったメイドたちを見て、疑問に思うのです。
何故この絶望的な中で、前向きにいられるのか、どうして希望を見つけることが出来るのか。
その答えをベルは、彼らと過ごすことで少しずつ見つけていきます。

スポンサーリンク

つまり、第2のテーマとして、どんな状況下でも希望を失わないというテーマが含まれているのです。
それは、誰しもが生きていれば悩むことであり、挫折し、前を向けないことがあります。
そんな視聴者に1つの答えを出しているのが、この作品なのです。

もし、何か悩んだ時や躓いたときに1度見ていただきたいです。
きっと元気になれます。
前向きになれる、すてきな映画であることは間違いありません。

-お薦めしたい映画
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.