ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

ニュース

築地の思い出

投稿日:

築地閉鎖のニュース。私は若い頃市場に勤めていました。暑い事で有名な熊谷市に市場があります。丁度持田の駅に近いところにあります。その際色々上司から築地市場の話も聞いていました。

上司は大宮に出来る前は、築地市場に仕入れに行っていたそうです。自動車と言っても、昔の車で暖房もないので朝寒くてしかたなかった事、築地ですから相当距離がありますから朝がもっと早かった事など、色々苦労があった事を聞かされました。

知っているかもしれませんが、あそこは鉄道が走っていました。戦後間もない頃、どうも冷凍車などが走っていました。上司はそのころ働いていた為、かなり苦労していたようです。

自分は冬場が一番つらいのですが、-30度の冷蔵庫の中に居ると外の外気との気温差で外もマイナス3度ぐらいでも、不思議と暖かく感じる奇妙な体験をしました。耳にはとっくに霜焼けが出来ていますし、自分は防寒着なしで荷下ろしもしてました。力仕事で苦労をしてましたが、今ではいい思い出となっています。

しかし地方の市場は今結構大変で、地方の工場が海外に移転した事、正規でなく派遣を雇っている事など社会の変化で、宴会そのものがなくなりつつあります。小さい宴会はあっても、会社が出してくれる時代ではなく、今はお葬式のような何か不幸があった時や法事など以外は、大きな注文は入らなくなりました。景況感は実は市場が一番肌身に感じるのです。恐らくそういう事は築地はもっと感じている筈です。

先日ターレーという三輪車をテレビでやっていましたが、なんどか私も乗った事があります。うちの会社にはありませんが、場内配送で使っている人に乗せてもらったことがあります。速度はでても30キロは出てないと思います。築地程大きな市場ではありませんでしたが、広く駐車場を配送しなければなりませんので確かに便利でした。

スポンサーリンク

ダイエットの専門家が60日間オンラインでマンツーマン指導
フィンクダイエット家庭教師で一生太らない体質へ

築地市場も思い出があり、亡くなった祖父がよく正月前に色々場外で商品を買いにいってました。小学生の時につれて行ってもらいましたが、その時の天ぷらが今でも記憶に残っています。

お店がどこだったかは記憶にありませんが、自分はあの頃が一番幸せだったように思います。確かに綺麗な場所ではないかもしれませんが、独特の活気があるので毎日が祭りをやっている感覚を覚えます。閉鎖は思い出の場所がなくなり、大変残念だとは思いますが新たな市場でよい思い出をこれから作っていってもらいたいです。

-ニュース
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.