ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お薦めしたい映画

「プーと大人になった僕」がお勧めです

投稿日:

今日私は「プーと大人になった僕」の映画をお勧めします。
クリストファー・ロビンが100エーカーの森でプーと別れてから30年後の時代が舞台です。

クリストファー・ロビンはその間、さまざまな辛い経験をしましたが、今は奥さんと娘の3人で暮らしています。
しかし、仕事がうまくいかずに悩んでいて、それが家庭を犠牲にするところまで行ってしまいます。

そんなある日のこと、プーの森の仲間たちが突然誰も居なくなってしまいます。
そこで、プーはクリストファー・ロビンに助けを求める為に彼のところにやってきます。

森の仲間捜し、そして娘を捜す騒動を繰り返しているうちに、次第にクリストファー・ロビンは本来の自分を取り戻していきます。
プーの「何もしないをする」という言葉の大切さを実感できる物語です。

私はこの映画を観ての感想は何もしないことの素晴らしさです。
現代社会は情報に溢れていて、いつも何かに追われているような慌ただしさがあります。

それがストレスになってしまい、さらに何かをしなくてはならないという強迫観念に陥ってしまっているような気がします。

いつも何かをしなければならないと思っていると、それが当たり前になってしまい、何もしないことの方が怖い気さえしてきます。
おそらく、クリストファー・ロビンもそのような悪循環に陥っていたのかもしれません。

人は辛いことがあると、それを乗り越えようとして無理に頑張ってしまうところがあります。
しかし、どんなに頑張っても限界があり、現実には上手くいかないことばかりです。

そんな時こそ、立ち止まってみることが必要です。
何もしないをするということは、自分のとって本当に必要なことをするということだと思います。

気持ちだけが先行してしまうと、頭でっかちになってしまい、物事が上手くいかなくなってしまいます。
実際、私も何かに煮詰まった時や上手くいかない時は、焦ってしまいがちですが、何もしないをやってみたら、予想以上に上手くいくことが分かりました。

プーは考えることが苦手ですが、考えるのではなく、感じて行動する方が上手くいくのかもしれません。
ムダなことを考えてストレスを溜めるのではなく、自分が好きなことや楽しいことを考えて、嬉しい気持ちになったほうが、人生はハッピーになれると思います。

このことはとてもシンプルなことですが、複雑すぎる現代社会ではつい忘れてしまいがちな大切なことです。
私はこの映画を観て、このことに改めて気付かされたように思います。

そして私もプーのように、何もしないをして、好きなことや楽しいことをやって、素敵な毎日を送りたいと思いました。

スポンサーリンク

安心のパートナー、消費者金融のアルクは即日融資です!

 

-お薦めしたい映画
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.