ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お薦めしたい映画

インターステーラーがSF映画ではおすすめ!

投稿日:

インターステラーはクリストファー・ノーラン監督による2014年公開のSF映画です。アカデミー賞視聴効果部門を受賞するなど当時話題となった映画ですが、今日は簡単にあらすじと見どころを紹介したいと思います。

インターステラーの設定は食料危機に陥った近未来の地球です。主人公のジョセフ・クーパーは人類存続をかけて宇宙に行くことになります。しかし宇宙では重力場の影響で時間の流れが遅かったり早かったり。地球に残されたタイムリミットは残りわずかです。

そんな中さらに事故で宇宙船の外にに放り出されたクーパーは不思議な体験をします。未来の生命体がクーパーを救うのです。未来の生命体に救われたクーパーは、次元を超えた奇跡を体験します。

クーパーと地球で待っていた最愛の娘を結びつけるのです。結果的にこの奇跡が地球でクーパーの帰りを待っていた娘に影響を与えます。謎の信号を父からのメッセージだと信じ研究者になることを決意した娘は、研究者として奇跡を起こし人類を救います。

地球は新たな居住地への移転を実現するのですが、クライマックスではクーパーとクーパより歳をとった娘の感動の再会もあります。

あらすじ紹介はこのくらいにして、インターステラーの見どころ紹介に移りたいと思います。インターステラーの見どころは大きく二つあります。一つは相対性理論に基づいた現実的な話であるということです。

論理物理学者のキップ・ソーンが科学コンサルタントを務めており、実際に起こりえる話になっています。重力場による時間のずれや、次元を超えたワームホール(時空を歪めてワープする)などは理論上起こりえることです。

そんな宇宙の超絶体験を見れば、思わず鳥肌がたってしまうでしょう。宇宙好きな人にはたまらないはずです。宇宙の謎や私たちの想像を超える奇跡がこの映画の一つの見どころになっています。

二つ目の見どころは、インターステラーが父と娘の絆を描いた感動的な映画でもあるということです。宇宙の話は難しいという方にも、これなら見どころになるでしょう。

この話の結末には娘の存在が大きく関わっています。クーパーが宇宙に出て行った当時まだ子どもだった娘が地球を救うことになるのです。父が出て行ってから謎の信号を受診するようになった娘は、父からのメッセージだと確信します。

普通の子どもなら怖がるようなことでも、父と娘の絆があったからこそ次元を超えて繋がることができたのです。このシーンの感動は本当に見どころです。

インターステラーはクライマックスが本当にすごいです。最初は少し難しい話に思えますが、全てが繋がる最後のクライマックスは鳥肌ものです。私自身も最初は難しくてつまらない映画だなと思っていました。(笑)

それが最後には今まで見た映画で一番好きな映画になっていました。SF映画が好きな方や、何か変わった映画を探している方におすすめなのでぜひ見てみてください。

スポンサーリンク

-お薦めしたい映画
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.