ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

貧乏体験

生きていくことの難しさ

投稿日:

私は20歳女で、高校を卒業してから2年3ヶ月間働いた会社を退職し、今は失業保険と貯金で生活しています。

4月から一人暮らしを始めたため、家賃などの生活費を払わなくてはならなくなりました。収入よりも出費の方が多いため、貯金がどんどん少なくなってきて、今不安や焦りを感じています。少しでも収入を得たり、出費を抑えるために、家にある不要な物を売ったり、食べる量を減らしたりして頑張っています。

先月の食費は1万円ほどで、今月は7000円ほどにまで抑え込みました。買い物をあまりしないため、冷蔵庫や冷凍庫がほとんど空で、お腹が空いても我慢しています。買い物をするときは、ポイント10倍セールなどの時に行き、半額になっている物を買ったり、量が一番少ない物を選ぶようにしています。

しかし、無理をし過ぎてしまったせいか、頭がぼーとしたり、体調を崩してしまったので、ご飯はきちんと食べなければいけないなと思いました。

光熱費もなるべく抑えるようにしていて、部屋が暗くなるまで電気をつけずに過ごし、夜は早く寝るようにしたり、使っていない部屋の電気は消したり、電子レンジなどあまり使わない電化製品のコンセントを抜いて、使うときだけ繋げたりしています。

暑かったり寒かったりしても、冷暖房器具は使わず、暑いときは窓を開けてうちわで涼み、寒いときは毛布や膝掛けなどの暖かい物で身を包んだり、筋トレなどで体を動かして温かくしています。どうしても我慢出来ないときだけ冷暖房器具を使うようにしています。

服や靴などは、リサイクルショップで買います。中古品でもかなり質の良いものがあったりします。

私は実家が近いため、時々ご飯を食べさせてもらいに帰ったりすることもあります。また、彼氏がご飯に連れていってくれたりして助けてくれるので、嬉しいです。

いつまでも家族や恋人に甘えてばかりではいけないので、早く安定した仕事を見つけて、貧乏暮らしから抜け出し、助けてもらった人に恩返しが出来たらいいなと思っています。助けられるのではなく、困っている人を見つけたらすぐに助けを差し伸べて、人の役に立てるようになりたいです。

スポンサーリンク

安心のパートナー、消費者金融のアルクは即日融資です!

-貧乏体験
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.