ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お薦めしたい映画

空飛ぶタイヤはお薦めしたい映画です。

投稿日:

今日お薦めしたい映画は、空飛ぶタイヤです。ある日、走行中の運送会社トラックのタイヤが外れ、歩いていた親子を直撃し、母親が亡くなります。トラックの整備不良が原因とされますが、きちんと整備は行っていた、という社員たちの話や、整備ノートを見て、長瀬智也さん演じる運送会社の社長は、トラック自体の製造に問題があるのではないかと考え、製造元の自動車メーカーに調査を依頼します。

しかし、担当課長役のディーンフジオカさんに、なかなか調査をしてもらえず、運送会社社長は自ら調査に乗り出し、その中で自動車会社が過去にリコール隠しをしていた事実にたどり着きます。また、高橋一生さん演じる、自動車メーカーの銀行担当役も、調査に疑問を感じ調べ始めていきます。

とても考えさせられる映画でした。リコール隠し、という、恐ろしくも、でも身近に感じる事が、それぞれの立場により、不正に気付きながらも目をつむるか、正義を貫くのか、その葛藤に苦悩する姿がよくわかりました。長瀬智也さん演じる社長は、最初は疑心暗鬼になりながらも、社員を信じ、必死に真実を見つけようと奔走し、追い詰められながらも、妻にも支えてもらい、奔走する姿が見事だと思いました。

高橋一生さん演じる自動車メーカーの銀行担当も、独自調査をし、友人の週刊誌編集者の力を借りて、真実を見つけていきます。また、ディーンフジオカさんが、自動車メーカーの担当で、最初は自社製品を信じ、再調査を突っぱねますが、疑問を感じ、同僚の力を借りて、真実を見つけ出しますが、上司から、昇進異動をちらつかされ、心が揺らぎ、野心と正義の間で葛藤する様子が素晴らしかったです。

脱輪したタイヤにより亡くなった女性のご主人役の浅利陽介さんが、遺族の気持ちをとても見事に演じられていて、心に響きました。また、自動車メーカー取締役の岸部一徳さんが、嫌味で保身だけの、自分だけが大切な演技が圧巻でした。

働いている以上、自分を守りたい、そう考える気持ちはよくわかります。でも、人が亡くなっているという事実、失われる必要のなかった大切な命を奪われた女性や、女性のご家族、その想いが痛いほど伝わる作品でしたし、生きていく中で大切にしなければならないもの、感情、そういう事を考えさせられました。長く働いていたり、日々生きていると、見落としてしまいそうな事に気付かせてもらえると思います。是非、大切な人と観てもらいたい、作品です。
スポンサーリンク

-お薦めしたい映画
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.