ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お薦めしたい映画

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

投稿日:

私がお薦めする映画は「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」です。何だかタイトルだけで面白そうですね。個人的には市原隼人さんのファンで、興味深く視聴しました。

舞台は1979年のとある田舎町。主演の市原隼人さん演じるママチャリ(一人だけママチャリに乗っているため)率いる高校生軍団と、駐在さんとしてこの町にやってきた佐々木蔵之介演じる警察官とのイタズラ合戦をテーマにしています。

高校生たち全員が「愛すべきバカ」。それに対し、警察官である佐々木蔵之介さんもかなり良い味出ています。駐在さんにはまさかの美人妻がおり、奥様役に麻生久美子さん。麻生さんがいわゆるマドンナ的ポジションに。笑えるのにどこか懐かしい夏の日々。心温まる青春映画と言えるでしょう。

ご存じの方もいるかもしれませんが、原作はなんと、2006年頃に話題となった一般ブログのエッセイで「くろわっ」さんという方。筆者がイコールママチャリにあたり、半フィクションの作品でもあるのです。

何も考えずに気楽に観れる本作なのですが、とにかくおバカな高校生達が可愛い!バカだけどピュアで優しく、心底「悪い奴」がいないのです。現在も大人の魅力が増して素敵ですが、若かりし市原隼人さん、可愛らしいですね。やはりお茶目でヤンチャな役が似合います。

そんな男子たちが必死に考えつくイタズラは思わず吹き出してしまうほどバカバカしく、ことごとく駐在さんにはね除けられ時にやり返されてしまいます。

大人の余裕でイタズラをスルーする時と、物凄くムキになる時の佐々木蔵之介さんのギャップが面白いです。 男子高生たちはそれぞれが個性的で、またそれぞれの個性的な家族や自宅風景も描かれています。当然ながら、ファッションやカルチャーも思い切り70年代を意識されており、そういった部分も観ていて楽しめる一つの要素ではないでしょうか。

今観ても面白いな、と思ったら、脚本は「銀魂」や「勇者ヨシヒコ」の今をときめく福田雄一さんではないですか。コメディやギャグ漫画が好きな方は特にお気に入るのではと思います。

終始おバカなイタズラ合戦で終わると思いきや、少しだけ恋愛要素もあったり、病気の子供に花火を見せようと男子高生が奔走したり…規格外のことを色々としでかしているにもかかわらず誰一人嫌なキャラクターは出てきません。

最後まで不快感無く、気持ち良く終われます。この時代を生きた方には懐かしく、必ず楽しめるのではと思います。基本的に洋画ばかり観ている自分ですが、最近観た邦画の中では断然「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」を心からお薦めしたいです。

スポンサーリンク


 

-お薦めしたい映画
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.