ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

貧乏体験

貧乏になったときの生活

投稿日:

あれは、大学を卒業したときでした。まだ、仕事には就かず、月5万円分くらいの収入で暮らしていたときでした。

お金が無いのですが、なんとセミナーにはまってしまっていました。セミナーに出れば、自分が変わることができ、成功することができると思い込んでいました。

そして、そのセミナーは、10万、中には20万するものがありました。本当にお金が無いのに、次々と出てくるセミナーに出ようと思いお金を使い貧乏な生活に入っていきました。

セミナーを毎月のように受けると、お金が無くなってしまい、借金をするようになりました。

本当に本末転倒だったと今では思うのですが、とにかくセミナーにでなければと思い、お金を使うようになりました。手元には、全くお金が無くなってしまいました。

アルバイトで稼ぐお金も、借金を返すお金に回っていきました。そして、とうとう借金もできなくなり、自分の持っている車を売ることにしました。

本当に気に入っていた車なので、手放すことになり、とてもショックな気持ちになってしまいました。お金もなく、車もなくなり、それでもセミナーに出たいと思い、さらに貧乏になっていきました。

お金が無いので、電車やバスにもなるべく乗らないで歩くようになりました。3キロくらいの距離なら、頑張って歩くようになりました。

そして、もっと長い距離でも、まず、歩いて交通運賃を下げるようにしました。そんな何十円を節約するようにな貧乏な生活に入っていってしまいました。

それから、食事のお金もないので、とてもひもじいものになりました。毎日のようにうどんをゆでて具は無しで食べるような日々を送っていました。

それから、朝ご飯は食べなくなりました。いい加減お腹が空いてしょうがないのですが、アルバイトのまかないまで我慢しました。もうこんな貧乏生活は嫌だと思うようになりました。

そんな気持ちになって、ようやく、セミナーに出ることがいけないんだと気づくようになりました。それまで、毎月10万、20万と使っていたお金を使わないようにしました。

そのころ、借金の返済もとどこおっていて、ローン会社から頻繁に電話がくるようになりました。

本当に、貧乏なのは嫌だなと心から思うようになりました。そこで、就職活動を始めました。就職活動をして、派遣会社ですが、就職先が見つかりました。

それから、お金を少しずつ稼ぐようになり、余計なお金を使うことがなくなって、少しずつ余裕ができてきました。

スポンサーリンク

-貧乏体験
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.