ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お薦めしたい映画

「22年目の告白 -私が殺人犯です-」を薦める理由

投稿日:

1、簡単な映画の紹介文
私が今回お薦めしたい映画は「22年目の告白 -私が殺人犯です-」です。こちらは2012年に韓国で上映された「殺人の告白」を「SR サイタマノラッパー」や「太陽」の入江悠監督がリメイクしており、韓国版はカーチェイスが目を引くアクション調に対し、日本版は社会派なサスペンス調に変化していました。

2、あらすじ・キャスト

1995年に起きた5件連続での殺人事件。当時若手刑事だった牧村はあと一歩というところで犯人を逃してしまいその後22年が経ち時効成立となった瞬間、自ら犯人と名乗る男・曾根崎が「はじめまして。私が殺人犯です。」と記者会見で、この事件を元にしたノンフィクションでの告白本を出版すると言ったのです。

そして、牧村、曾根崎、TVキャスターの仙堂、22年前の事件の被害者達と様々な想いを巻き込んだ展開と続いていきます。

3、見どころ、面白かった点

この映画の見どころといえばその豪華なキャスト陣にまず目がいきます。

主人公の伊藤英明演じる牧村は「海猿」のような情熱的で肉体派イメージをそのままですが、さらに今作では犯人に肉親を殺された被害者の苦悩さとか葛藤を描きつつも犯人を次第に追い詰めていく様は見ていてとても好感が持てる良い主人公だと思います。

そして、それに対を成すのは藤原竜也演じる「曾根崎」で曾根崎は犯人と名乗るこの映画のキーパーソンなのですが、カイジなどの怪奇的なキャラをさせたら日本で右に出るものはいないんじゃないと思われる藤原竜也が今回もインテリぶった静かな犯罪者という役柄を見事にこなしていて、後半更にキャラクターが新たな方向に展開していくのですが、その壊れた感じもまた良かったです。

次に、仲村トオル演じる仙堂はカリスマニュースキャスターという役柄でイメージとしては若い時の久米宏のような感じ。

落ち着いた印象なんだけど、どこかギラギラしていて冷たいナイフのような表情をさせ出てきた時はどうやってこのあと物語に絡んでいくのかと思ったら、終盤でかなりのサイコパスっぷりを見せてくれました。

また、イケメン若手の有望株、野村周平演じるのは牧村の殺された妹の婚約者で、顔はいいんだけどどこか頼りなくて純朴な青年というキャラのイメージを邪魔しないそんな雰囲気に良い意味で脇役として成り立っていたと思います。

4、感想

私の感想としては最初「22年目の告白 私が殺人犯です」というトリッキーな題名にあまり期待しなかったのですが、見てみるとかなり良質のサスペンスで展開やストーリーなどが本当に良かったです。

この映画、22年前の事件も全部合わせて6件もありそれぞれに被害者と目撃者がいるためたいへん情報量が多いのですが、曾根崎の語り口で分かりやすく紹介されており、ダレることなくテンポも悪くありませんでした。

そしてなんと言っても後半、仙堂の番組に呼ばれた牧村、曾根崎、真犯人と名乗る男が揃った3者会談から話はジェットコースターの様に進んでいき、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

私の中では2017年のベスト映画と言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

年賀状印刷のおたより本舗

-お薦めしたい映画
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.