ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

お勧めしたい本

動物好きにおすすめなエッセイ本

投稿日:

私がお薦めしたい本は、群ようこさんのエッセイです。

タイトルは、その名も「トラちゃん」。

子供の頃から大人になるまで、群家にやって来た動物や、ご近所の動物の思い出を書いています。

元は母の愛読書でしたが、今では私にとっても愛読書。

今も、定期的に読みたくなります。

表題作品の「トラちゃん」は、群家の愛猫の名前です。

最初はどこかからやって来た、子持ちのお母さん猫。

どこかで飼われていたらしく、コタツには一定時間しか入らない、エサを勝手に食べないなど、実にお行儀の良いお母さん猫。

「こんな良い子を捨てるなんて!」

と憤慨した母と子供たちは、親子猫を迎え入れました。

二匹の子猫は、臆病な子とヤンチャな子。

その彼らとの生活は楽しく、実に細やかに書かれています。

特に、家出した子猫が、帰った時のことです。

オスだと思っていたのに、股間を見たらサッパリしている。

「大変、タマがなくなった!」

と騒ぐ母と姉(群さん)に、

「バカ、元からメスだったんだよ!」

と、冷静に突っ込む弟。

何とも言えずテンポがよくて、つい笑ってしまいます。

また、色々な種類の動物が出てくるのも面白い点です。

金魚に犬、モルモットに小鳥、文鳥。

一番驚いたのは、弟が子供の頃から十年以上飼ってきた、金魚の「よしこちゃん」の存在。

驚異の長生きをした彼女(?)は、金魚とは思えない巨体になっていました。

弟の愛情を受け、スパゲティーなど色々なモノを食べて、小さな鯉ほどに巨体になりました。

ちゃんと呼べば、水面に出てくるし。

金魚だって、手間をかけて育てれば、ちゃんと応えてくれるんだなあ……と感心しました。

私も幾度か金魚をすくって育てましたが、大きくなる前に、死なせてしまいましたから……。

他にも、隣の飼い犬があまり飼い主に構って貰えず、可哀想だった切ない話も……。

飼い主が生まれた赤ちゃんに夢中になり、構って貰えない犬のピーターくん。

考えると悲しくて、可哀想で……。

群さんが回想して、

「もっと構ってあげれば良かった」

と後悔するくだりが、印象的でした。

動物の幸せは、飼い主次第。

猫と暮らす者として、忘れてはいけないなと、肝に命じました。

群さんの母に抱かれて息をひきとったモルモットや、最後は姿を消した、初代トラちゃん。

楽しい時期だけではなく、別れも書いているので、為になります。

スポンサーリンク

トラちゃん (集英社文庫)

-お勧めしたい本
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.