ニュースや面白い映画、そして貧乏体験を書いていきます

ハッピーライフを目指して!

ミニマリスト

無駄をなくしてミニマリストに、

投稿日:

会社員のアラサー女性の私ですがここ数年で大分物を減らすための断捨離をしてきました。

古本屋で読み終わった本や聴かなくなった音楽CDや観なくなった映画のDVDなどを売っては小銭稼ぎしてきました。今はもう売れるものは残っていません。

実は断捨離をしばらく続けて行くうちに、ミニマリストにそのうちなりたいという考えが出てきたのです。

本屋やCD以外にも、家具や化粧品、使わない電化製品や着なくなった服なども大分処分してきました。

美容のためのマッサージ機ややや時代遅れの古びた服、また新しくても結局着ることなく何年も経っているものはあってもしょうがないと思い、人に譲ったり古着屋さんなどに売ったりしました。

本当に大したお金にはなりませんでしたが。

貧乏な人に共通しているものは物が部屋の中に溢れていて収納できていないこと、ととある記事で読んだことがありました。

私も無駄な物がたくさんあったので使わない物は処分しようと思い、もう今はこれ以上処分できる物がないぐらいまで処分したつもりです。

それでもまだミニマリストと言えるほどではありません。服はやはりワンシーズンに最低三着以上のトップスやボトムズを揃えておきたいですし、靴も履けるものは残してあります。

テレビも観たいのでありますしパソコンももちろん仕事で必要なのであります。

ただ、本や図書館で借りたりネットでキンドル版を購入したりして物体を増やさないようにしていますし、メイク道具やシャンプーも最低限のもののみに抑えています。

部屋の中は今では「セミ・ミニマリスト」といった感じでしょうか。

なぜ無駄な物をなくして無駄な出費やその原因となるものをなくしたかったかというと、貯金を増やしたい、また趣味であるコンサート通いや旅行のためにお金を使いたいので余計な「物」にこれ以上お金をかけたくないからなのです。

家の中で物質的なものに執着せず、その分やりたいことにお金を使いたいのです。掃除機も利用せず、床はオーソドックスにホウキと雑巾で綺麗にしています。

その分電気代がかかっていないはずです。元々あまり広い部屋ではないのでちょうど良いです。

服も少ない分手洗い出来る日も多いです。たまに洗濯機を一週間に一度ぐらいのペースで使うときもありますが。

電気代や維持費などを極力抑え、新しい物への欲も抑えることにより無駄な出費を抑えつつ、一番好きな趣味に使うための時間とお金をセーブすることをかなえてくれるであろうミニマリストの生活を目指しているところです。

本格的なミニマリストになれなくてもある程度近づくだけでも大分無駄が減ったように感じます。これからも無駄なく生きて行きたいです。

スポンサーリンク

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)。追加課金や、超過課金は一切なし。

-ミニマリスト
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.