面白く、関心の持てる事柄を書いていきます。

ハッピーライフを目指して!

ミニマリスト

子育てでのミニマリスト生活はとても快適でおすすめです

更新日:

ミニマリスト生活はメリットが沢山あります。

掃除が楽、モノがすぐに見つかる、余計なものを買わない、家の中が心地良いからレジャー費が減ってお金を遣わない。

こんなにも良い事づくめなわけですが、大人だけならとても楽にできるミニマリスト生活も子供が居る事でどんどん物が増えるので毎日の取捨選択が必須になります。

大変な反面ミニマリスト生活と子育ては実はとても相性が良くて快適に生活が出来るので大変おすすめです。

我が家での一番大きなミニマリスト対策は車でした

私の生活の中で一番大きかったミニマリスト生活への切り替えは、車の処分です。車があればとても便利ですが、車利用に伴い、替えのタイヤの保管、車洗浄用品など様々なものが我が家を圧迫していました。

家計もそうです。駐車場代がかかるのは勿論の事、保険料、車検代、ガソリン代など毎月に換算すると凄い金額になります。その全てを処分する事により多少不便にはなりますが、その分健康とスペースを確保できました。

リビングのミニマリスト生活を維持するコツ

まず、リビングにはものが殆どありません。全て納戸の中に収納されていますが、その納戸も中は、スカスカでたまに人に見せると驚かれます。

どうして、すき間を空けているか言うと今後子供たちが成長するにつれて絶対に荷物が増える事が想定できるからです。

具体的にどのようにリビングのミニマリストを維持しているかというと、チラシや学校からの書類の類は、その場で処理するという事です。後で確認するとしてもそのまま放置してしまう可能性が高いので即日処理します。

捨てるもの、ファイルに入れるものと分けます。チラシは殆ど捨てます。今は、出前の注文もネットからするので基本的にチラシはいりません。

学校のプリント、書類も少し心配な物は取っておきますが、その学年が終わったら即書類整理をして捨てます。

子供の図工などの作品は、どうしてもお気に入りの物を取って置き、それ以外は、写真に撮って処分します。勿論本人の意向を確認してから行います。

それ以外は、余計な収納用具を増やさないというのも効果的です。しまう場所を増やせば、購入も必然的に増えるからです。

クローゼットのミニマリスト生活維持のコツ

家族が多いとどうしても、洋服が増えていきます。今は、親が管理していますがそのうち子供達は自由に洋服を買うようになるでしょう。

それを止める気はないのですが、せめて自分の洋服やカバンはスッキリさせておきたいと思い、断捨離をしました。

元々、そんなに荷物が多いわけではないのですが、良く着る服や使うカバンや靴は決まっています。

ある程度ローテーションを考えて、クローゼットの中は、すき間が空く位の収納で済んでいます。

洋服を選ぶのも楽だし、クローゼットの中の衣類にカビが生えたなどの話を聞くたびに詰め過ぎなんじゃないかなと思っています。それくらい、スッキリしていて気持ちが良いです。

ブランド物もほとんど処分してしまいました。子育て中には使う機会が殆どないからです。同様にヒールの靴も冠婚葬祭以外は、片づけました。

スポンサーリンク

スタッフブリッジ

-ミニマリスト
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.