面白く、関心の持てる事柄を書いていきます。

ハッピーライフを目指して!

失恋

大学の時の失恋相手は、最低でした

更新日:

私が大学2年の時に、彼とは仲良くなりました。きっかけという程もなかったのですが、ある行事の時に同じグループになり、少しずつ話すようになったのです。

彼とはLINEがよく続き、毎日のように連絡し合っていました。波長も合うし、良いなぁとは思っていたのです。そこで彼に「彼女いる?」と聞くと、彼は「いる」と言ったのです。ああ、これは失恋確定だと思いました。

ですが少し違っていました。彼女とは上手くいっていないらしく、あまり好きではないと言うのです。その日から、ちょこちょこと恋愛相談を受けるようになりました。

彼女はメンヘラ気質らしく、すぐに落ち込んで病んでしまうらしいです。その為、彼に毎日電話をして話すそうなのですが、彼からすれば、自分の時間もほしいし、少し重く感じているそうです。だったら別れればいいのに、と言いそうになりましたが、彼に嫌われたくないと思い、何故か打開策を持ち出していまいました。

話を聞いてみると、彼にとってその彼女が初めて出来た恋人らしく、少しは我慢しないと続かない、と思っているみたいでした。ですが、全然楽しそうに見えないのです。そもそも好きかどうかも分からないと言うのですから。

この話をしている時期は、丁度夏で花火が色々な場所で開催されていました。そこで試しに「彼女と花火に行かないの?」と聞くと、「行かない」と言われたので、「じゃあ私と行こう」と勇気を出して言ってみたのです。

彼はノリが良いのでその延長で言ったのかもしれません。「嬉しい」と言ってくれました。私はずっと狙っていました。彼が彼女と別れて、私と付き合う事に。

だから彼も私と毎日連絡を取り合い、恋愛相談しているのだと思っていました。

しかし、現実としてはズレがありました。彼は別れる気は無いのだとわかったのです。これだけ恋愛相談しておいて、彼女より私を優先させておいて、結局は彼女の事しか見ていないのです。

それが悔しくて、「私、好きな人いるよ」と伝えてしまいました。彼は驚いていましたが、自分であるとは全く思っていないようで、「誰だれ?」と嬉しそうに聞いてきます。

ここまで来れば賭けだと思い、ようやく想いを打ち明けました。

その時の彼の返事は、「ごめん」だけでした。ただ謝られたのです。それがすごくショックでした。あれだけ彼女を好きじゃないと言っておいて、結局別れないのかと失望しました。

何より腹が立ったのは、それから1ヶ月ほど過ぎてから、彼がラブラブである報告をしてきた事です。私の労力は一体何だったのかと投げ飛ばしたくなりました。

スポンサーリンク

PG-Bra

-失恋
-, , , , ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.