面白く、関心の持てる事柄を書いていきます。

ハッピーライフを目指して!

貧乏

転職して以前より安月給となった為車のローンで苦労してます。

更新日:

私が住む場所は電車やバスがあまりない、田舎となっています。そのため、車を持たないという人はほとんどいません。高校を卒業したら、運転免許を取得して車を買うのが常識となっているような場所です。

当然のように車を購入しないと仕事も生活も出来ませんので、車を購入しましたが、思えば車のローンが終わる頃にはまた車を買い換えなくてはならないため、ローンから逃れることが出来ません。

私が最もローン返済で困ったのは、車を購入して三週間で事故に遭ってしまった時のことです。

安月給の独り暮らしなのでローンを五年で組み中古の安い車を納品してもらいました。

保険料金などもあり、毎月貯金なんて出来るはずもなく、月々の返済額はギリギリ出せる額です。

それが事故で車は大破してしまい、修理が困難な状態になってしまいました。

保険で賄えるのは限度があり、三週間しか乗っていない車のローンだけが残ってしまいました。

それでも車は必要ですので、また買い換えなくてはならなくなったのです。

同じところで購入したら、保険で足りなかった車のローンをプラスした返済が出来る、しかし他のところで購入するのであれば事故車を廃棄するために全額返済しなくてはならないし、二ヶ所でローンを作るのは困難であるため一括で新車を購入することも考えなくてはならなくなったのです。

私は貧乏で貯金なんてなかったので、同じところで購入する以外の選択はありませんでした。

しかし、そこに並んでいたのは予算を遥かに越えたものばかりでした。ローンの返済が困難にならないために安い車を購入したのですが、その車を見つけたのは運が良かったのです。

結局、私は七十万円ほどの車を購入して、ローン額が合わさったものを支払うことになりました。毎月の返済額は三千円ほどあがりました。たかがと思われるかもしれませんが、それが意外と辛かったのです。

追い討ちをかけるように働いている会社の経営者が体調不良になり、経営が出来なくなったため退職をすることになりました。自己退職ではないためすぐに失業手当てが手に入りましたが、転職は難航してしまい、以前の安月給よりも安いところでしか働けず、ローン返済で苦労しています。

引き落としの通帳にはギリギリしか入れておくことが出来ません。車がないと仕事も通えない環境ですが、カーローン返済で困っているというのは贅沢しているという風潮もあり、なかなか理解してもらえないのも難点です。

副業をして、食費や付き合いなどをカットして何とか返済にあてている状態ですが、貧乏で預金が足りなくて電話がかかってきて、慌てて物を売ってお金を作ったことが二度あります。

スポンサーリンク

レジーナクリニック 薬事承認取得ピコレーザー

-貧乏
-, , , ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.