面白く、関心の持てる事柄を書いていきます。

ハッピーライフを目指して!

節約ブログ

電気代の節約には湯たんぽと半纏です。

更新日:

私はすごく寒がりなので冬場は暖房なしではつらいです。そのため、暖房をガンガン使いたいのですが、暖房を使うと電気代がかさみます。

冬場の電気代は2万円近くにもなってしまうことがあり、春や秋など暖房を使わない季節と比べると大きな差です。

電気代が気になることはもちろんですが、電気を使えばそれだけ二酸化炭素の排出量が増えて地球温暖化にも影響を与えます。

そこで、節約と地球環境のことを考えて暖房をできるだけ使わずに過ごせるように工夫をしてみました。

エコになると話題になっていたものが湯たんぽです。東日本大震災のときの際に電気の使用量を少しでも減らすために湯たんぽがよいと紹介されていました。冷え症に関する本でも湯たんぽが冷えによいと紹介されています。

以前は「湯たんぽで火傷しないだろうか」「お湯を沸かすのが面倒くさそう」と思って使っていなかったのですが、いろいろ調べてみると実はそうではないことがわかりました。

火傷に気をつける必要があるのは金属製の湯たんぽです。金属は熱伝導性が高いので直接触るとやけどの心配があり、取扱には注意が必要です。

湯たんぽは金属製しかないと思っていたのですが、今はプラスチックのものが多く出回っていて、プラスチックの場合なら長時間同じ場所に当てていなければやけどの心配はありません。

小型の湯たんぽがあり使用するお湯の量が少ないので、思っていたよりもお湯を沸かすのは面倒ではありません。お湯が冷めてしまったら湯たんぽの中に入っているぬるま湯をもう一度温めているのですが、ぬるま湯なので比較的すぐにお湯が沸いてくれます。

お湯を沸かす時気になるのがガス代です。しかし、長時間暖房を使ったときの電気代に比べると湯たんぽを沸かすためのガス代の方が少ないように思います。

湯たんぽを使うと暖房なしでもある程度は我慢できます。しかし、湯たんぽだけでは真冬は辛いです。

そこで、半纏を着ることにしました。これまでは薄手のフリースを羽織っていて寒さをしのいでいたのですが、フリースよりも半纏の方が温かいです。あまりの温かさの違いに驚いてしまいました。

フリースを着て湯たんぽを使っていたときは寒さが気になりましたが、半纏を着て湯たんぽを使ってみるとそれほど寒さは気になりません。

さすがに雪が降るような日は暖房をつけないと寒さに耐えられませんが、湯たんぽと半纏のおかげである程度温かく過ごせるようになり、暖房の使用量が減って電気代の節約になりました。

スポンサーリンク

レジーナクリニック 薬事承認取得ピコレーザー

-節約ブログ
-, , , ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.