面白く、関心の持てる事柄を書いていきます。

ハッピーライフを目指して!

シニア

コーラスは心の栄養剤です。

更新日:

【50歳から始めたコーラスが趣味】

50代後半の女性です。

私は50歳からコーラスに入っており、半年も経たないうちに趣味となりました。

コーラスに入ったきっかけは、知人の紹介でした。

知人が地元のコーラスの取りまとめ役で、文化祭の時に見に行くように勧められたのがきっかけです。

練習は月に2回、1回に1時間です。

毎回、15分はたっぷり発声練習し、その後、童謡を2~3曲歌ってから、新曲を練習しています。

【一人で歌うよりも楽しいのがコーラスの醍醐味】

コーラスは、みんなで声を合わせるのがポイントです。

一人で目立っては、コーラスになりません。

違うパートを歌っている仲間の声を聞きながら、自分のパートを歌うところに、コーラスの醍醐味があります。

コーラスは、歌うことと同じくらいか、それ以上に他の人の声を聞くことにポイントがあります。

互いに支え合い、声を縒りあわせることで、コーラスは成り立ちます。

コーラスは、協調性を学べる趣味です。

私のようなシニアは、どうしても自分の生活パターンや考え方が固定化してくるので、一つの作品を完成させるために、他の人の声を注意深く聞くコーラスは、協調性を育む良い機会になります。

【歌詞の意味を伝える発声は頭の体操】

歌は、歌詞の意味を聞いている人に伝わるように歌うことが大切です。

自分では、歌詞通りに歌っているつもりでも、聞いている第三者には、歌詞がきちんと伝わっていないことはよくあります。

口の開け方が悪かったり、音程が半音低かったりすると、聞いている人には、別の音に聞こえてしまうことが少なくありません。

指導をしてくれている先生は、少しでもそうした問題が起こると、すぐに指摘して、「今のはこうなっていました。原因は何々です。だから、ここをこう改めてください。」と、明確に指示を出してくれます。

歌詞の意味が聞き手に伝わるように歌うには、頭を使う必要があります。

シニアの方にとっては、認知症を予防できるという効果もあります。

【気持ちが明るくなるのが歌の最大のメリット】

歌は、必ずしも誰かに聞いてもらう必要はないかもしれません。

洗濯物を干しながらでも、歌は歌えます。

自分の心を晴れやかにしてくれるのが歌の力です。

コーラスを趣味にしていると、練習のためだけでなく、日常的に歌を口ずさむようになります。

歌を口ずさむと、気持ちが明るくなります。

心配事があった時など自分の心を晴れやかにしてしてくれる歌が、心の栄養剤になります。

スポンサーリンク

ブランド品の買取

-シニア
-, , , ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.