面白く、関心の持てる事柄を書いていきます。

ハッピーライフを目指して!

貧乏

ラーメンの出前を分けた思い出

更新日:

以前にかなりの貧乏な生活をしていました。というのは長屋に住み、間取りは2部屋しかないのですが、そこに5人で生活していたのです。

長男と次男が二部屋のうちの1部屋を、残りの3人(母、長女、私)で6畳の部屋に3つの布団を敷いて寝るという生活です。

プライベートなど全くありませんし、トイレはぼっとん便所、つまり汲み取り式です。

便器の中を見るとどのような便なのかが見えるのです。それできれいで明るい電球を使うとそうしたものが見えてしまうので、できるだけ暗い電球をつけるようにしていました。

キッチンは狭くそこで食事をするなどできません。つまり間取りは2Kでお風呂はあるものの、いわゆる団地の小さなお風呂のサイズで狭いのです。

着替えなども大変であり、今思うと本当によくそんな環境で生活していたと関心するほどです。

長屋なので隣の声も筒抜けというほどよく聞こえます。喧嘩をして物を投げ合う音や、大声で怒鳴る声、子供がそうした状況で泣き出したりという、そんな隣の声も、そして自分たちが喧嘩するときの声も隣の人に聞かれていたのです。

お金がなくて食事が作れないので食事なしということはありませんでしたが、食事はいつでも簡素であり、外食などしたことがない、たまに近くのラーメン屋に出前を3つ頼むことがあったくらいです。

お金がなくて5つは頼めないのです。来たラーメンを母が分けるのですが少しでも大きいほうを取ろうと必死だったのを覚えています。

食事の楽しみというのはほとんどなかったのが現実です。

でも狭い家で貧乏な生活をしたとはいえ、狭いからこそ家族が孤立するようなことはなく、顔を合わせないといけないし、不満があっても我慢しなくてはなりません。

厳しい生活でしたが、家族がいつも一緒にいる環境は家族が分裂したりすることなく、コミュニケーションがしやすかったという点では良かったのかもしれません。

とはいえもう2度と同じような生活をしたいとは思いませんが、今では懐かしい思い出でもあり、貧乏生活も決して悪いことばかりではないと思える部分があります。

家族は節約生活が趣味のようになっていたこと、贅沢は絶対にしないというポリシーがありました。

親が戦争経験者で貧しい時代の苦労を経験したことで、それが染みついた生活であり濡れない屋根の下で眠れることと、食べるものがある、それだけで幸せというハングリーな思考を持っていたので、今でも無駄使いは一切しないです。

スポンサーリンク

ShapeBom(シェイプボム)

-貧乏
-, , , ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.