浮気・不倫

学校関係の組織で浮気してしまいました。

子供の学校の組織に「会長」として所属していた時の事です。男性は私ひとりでした。

普段学校へも行った事が無かった私です。久しぶりに学校の雰囲気に子供時代の懐かしさを感じたものでした。

組織の役員は7名でみんな奇麗な奥さん達でした。

4月から始まりお互いが冗談を言い合う良い雰囲気になってきました。

副会長の高橋さん(仮名)が私に対してアプローチし始めたんです。最初は気づかないふりを装っていました。

ある日、地域の会合があり夜の7時に学校へ行きました。その日は私と副会長の2名が出席する日だったんです。

会合の時間までまだ時間がある私たちは普段作業する部屋で世間話をしていました。

突然、高橋さんが「会長は私の気持ちを分かっているのに知らないふりをしてるでしょ。」(浮気に発展?)いきなりの先制パンチ。

私はもてたことがなかったのでこういうシチュエーションには慣れてません。この人可愛いなぁとか思ってもいつも思うだけで終ってました。

そのことを高橋さんに告げるとびっくりしてました。続けて、「私は初めて会ったときから会長の事が気になってたのよ。色々と話すうちにどんどん好きになってしまったの。

もう、おばさんだけどこんな気持ちになったのは結婚してから初めてよ。私、会長に抱いて欲しいの。

一度でいいの。私も家族がいるし離婚する気も無いし、会長の家庭も壊したくないの。一度だけでいいから私に会長の時間を下さい。」

真剣な表情の高橋さん。頑張って自分の気持ちを口にしてるのが伝わってきました。浮気だ!

私は、一時の女心かも知れないし断ってギクシャクするのも嫌だし。色んな思いが頭をよぎります。私より年上だけどかわいらしさを持ち合わせた女性です。

私は、「じゃあ高橋さんの都合の良い日3候補位を教えて欲しい。」と言いました。

即座に、返答がありました。「来月の9日に隣の市で会合があるでしょ。そのあとが良いんだけど。終わってから会長は何か用事はあるの?」

「今のところ何もないけど緊急であるかはその日にならないとわからないと返事をしました。」私の仕事ではこれが多いんです。「それはわかってる。じゃあ、来月の9日に予定しましょう。」

いよいよ、浮気の計画を立ててしまいました。私も高橋さんには良い印象を抱いていたので嬉しい気持ちでした。その日が近づくにつれ緊張と喜びが高まってきました。

予定通りその日の会合の後、私たちは結ばれました。ホテルに入った瞬間から二人の心と体は燃え盛ってました。約2時間の滞在で幾度も交わり彼女は疲れ果ててました。恍惚とした満足な表情。

高橋さんとは、その後密会はありませんでした。お互い子供の親として普通に接してました。

私は、もう一度と願う気持ちもありましたがそれをしたら終わりだと思ってましたので自制できました。楽しかった一度限りの不倫でした。

スポンサーリンク

サンマリエ

-浮気・不倫
-, ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.