貧乏

退職してから出費が増えて貧乏生活に転落してしまいました。

大学を卒業してから就職をして社会人として働いていましたが、数年働いて人間生活に疲れたので退職をすることにしました。

ストレスでかなり心がやられていたので、退職してからは再就職をするまで、少し休もうと考えていました。

幸い、働いているときは仕事と家の往復で、休日も特に出かけることがなかったのでかなり貯金はたまっていました。

半年くらいはのんびり過ごせると思っていたのに、退職してから想像以上に出費が増えてしまいました。

まず驚いたのは税金で、これまで厚生年金に加入をしていましたが、退職をしたので国民年金に加入をすることになりました。

できるだけ出費を減らしたいと思ったので、一番お得になる2年一括支払いをしたら、それだけで40万円近く銀行口座から引き落とされました。

さらに住民税もまとめて支払う事になり、その他にも国民健康保険の支払いなどで、かなりの支払い額になりました。

税金だから仕方ないと思っていましたが、それから家賃の更新なども重なって、いっきに貯金が目減りをしてしまいました。

少し休むつもりだったのに、それからは毎日通帳を眺める日が続き、そっちのほうがストレスになってきたので就職活動を始めることにしました。

数年間は働いてきた実績があるし、就職するのは難しくないだろうと思っていたら、想像以上に現実は厳しかったです。

これまでのスキルというのは全く役立たず、新しく一から築き上げなければならないということを目の当たりにしました。

また就職面接に応募をしても、募集欄には正社員募集と記載されているのに、話をよく聞いてみるとまずは契約社員扱いになっているところが多いこともわかりました。

契約社員として数年働いたら、正社員として雇う可能性もあるといわれますが、契約と正社員では雇用条件が全く違います。

本当に正社員として雇ってくれる保障があるのだろうかと悩み過ぎている間に、時間がたってしまい、結局半年ほどは無職のままブラブラすることになりました。

お金が減るのが怖くて、朝食と昼食は食パンだけ、夕食は基本自炊でご褒美がスーパーのお惣菜に慣れてしまったときは、どこまで自分が貧乏に転落したのかと情けなくなりました。

こんな貧乏生活は嫌だと感じたので、どこでも働けるならいいと思って再就職しましたが、それが結果的に良かったです。

契約社員として採用されましたが、1年後には正社員になることができました。

やはり頭で考えるよりも行動することが大事だと実感しました。

-貧乏
-, ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.