浮気・不倫

彼との不倫は苦しく切なく後悔でした。

そして、不倫相手との出会いは約10年前の当時わたしは22歳で、新入社員でOLでした。

まだ仕事に慣れなくて、学生気分が抜けてない頃です。

ある日職場に30代前半のEさんが私の上司として異動してきました。

その上司は既婚者で小さい子が二人おり、奥さんも社内で美人とうわさされる絵にかいた幸せ家族という印象です。

その頃の私は既婚者でさらに上司と社内不倫するなど想像つかなかったです。

そして上司のEさんが職場になじんできたころ仕事終わりにEさんから今日予定ある?と声かけられ予定がないので一緒に食事に行ったのです。

この時はまだ上司に特別な好意は抱いてなかったのです。

私は上司との食事で二人きりで語り合う機会はなくて始めちょっと緊張しました。

ですが話をしてみれば一回り以上の年の差を感じられないぐらい心地よくて、意気投合してしまいました。

当時私はバンド活動しており、Eさんも音楽が好きなので私が作曲した曲をウオークマンで聞いてもらったのです。

そしてその曲とわたしの歌声をとても気に入ってくれ、明日外回りで聞いてみたいといってくれました。

私はとてもうれしくなり、ウォークマンごと貸したのです。

その時はまだそれが恋とは気づかなかったです。

「ウォークマンが電池切れて悲しい」とメールが来て、それだけで私は心躍るほどになりました。

そして彼は奥さんがいるので社内不倫になるかもと思ってました。

自分はまったく不倫するようなタイプではありません。

いい子でなきゃ。もっと褒められたいという気持ちが物事の判断基準になっていました。

そうした自分があまり好きになれなくて窮屈な思いをしていました。

そうした気質なのでそれまで男性経験は一人だけです。

そして、Eさんとの不倫が始まって自分でも驚くほど大胆になりました。

彼に抱きしめられるだけで身も心もとけるように癒されました。

キス、セックスも今まで感じたことないぐらい快感で、ほとんど経験ないわたしでも相性があるとはこうしたことかと分かったのです。

私がわたしでないような新しい自分に生まれ変わるような清々しさを感じました。

ですが、やってはいけないことをしていました。

やってはいけないことなので苦しく切なくそして最後は後悔でした。

ですが、だれに何と言われようと上司との社内不倫はわたしにとって大事な恋愛だったのです。

既婚者との不倫でこれほど人を好きになることは後にも先にもないでしょう。

不倫をどう正当化しようとも、心の底から正しいと思えたことは一回もないです。

罪悪感をかかえ、親友と思ってた友人も離れていきました。

それでも不倫相手の上司と二人で過ごす時間は相手に癒され、愛される実感があり、幸せでした。

-浮気・不倫
-, ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.