ローン

住宅ローンの返済が厳しいです

私が返済が大変だと感じているのは、住宅ローンであります。

子供が大きくなる前に一戸建ての家を購入しようと決めて、建売住宅を探しました。

しかし、自分が希望するタイプの家が見つからなかったため、注文住宅で家を建てることにしました。

注文住宅は、自分の希望通りの家を建てられるというメリットがありますが、あれやこれやとこだわりを持つと、費用が高くなってしまいます。

私も家に対してこだわりが強かったため、かなり家づくりにお金がかかり、高額な住宅ローンを組むことになってしまいました。

私がいちばんきついと感じるのは、ボーナスを住宅ローンの返済に充ててしまったことです。

給料から定額のお金を毎月引かれるのは何とか我慢できるのですが、半年ごとにご褒美のようにもらえるボーナスを、住宅ローンの返済のためにすべて持っていかれるのは精神的に厳しいです。

私は、昔から旅行が好きで、年に2回ほど家族で海外旅行に行っていたのですが、住宅ローンの返済が厳しく、家を建ててからは一度も行けていません。

住宅ローンの返済は、今後もずっと(30年以上)続くため、返済が終わるころにはすっかり高齢者の仲間入りをしています。

その頃には海外旅行に行く気力がなくなっているかもしれません。

旅行だけでなく、住宅ローンの返済が厳しくて、新たな趣味を持つことができないという苦しさもあります。

例えばゴルフをしてみたいと思っても、ゴルフ道具一式を購入する余裕も、ゴルフフィー(ゴルフコースの使用料)を支払う余裕もありません。

今後、何か新しいことに挑戦したいと思っても、難しいでしょう。

その意味では、「今の会社を辞めることができない」という精神的重圧もあります。

脱サラをして起業したいと思っても、住宅ローンの返済が滞ることを想像すると怖くてできないでしょう。

会社を辞めて転職する場合も、現在の収入を維持できる転職先でないと無理です。

しかし、ある程度の年齢になり、転職をして今の収入よりも良い企業に採用されるとは思えません。

私は会社を辞めたり、転職をする自由も失ってしまったのだと感じています。

今は家は新しく、修繕する必要もありませんが、10年後には修理する箇所が出てくるかもしれません。

その時の修繕費をどのように捻出すればいいか、今は想像もつきません。

新居はこだわりがつまった、素晴らしい家ですが、この素晴らしい家と引き換えに、海外旅行に行く自由や、新しい趣味を始める自由、会社を辞める自由を失ってしまったと感じています。

-ローン
-, ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.