貧乏

月1万円貧乏食費生活

 今日はわたくしが体験したことのある「月1万円の貧乏食費生活」について書いていきたいと思います。宜しくお願い致します。

「安い給料」

 20年位前のお話ですが高校を卒業して何もやりたいこともなかったわたくしは、知り合いのツテで小さい会社の事務として働きはじめました。

 勤務はとても楽であり、人間関係も良好でした。しかしながら、一つのネックがありました。

 それは給料が安いことです。月給として13万円くらいでしょうか。

 それに家賃を払い、光熱費、通信費等を用立てていくと食費としては1万円しか残らなかったのです。

 でも生きなくてはいけませんので、1万円で過ごすことにしたのです。

「業務スーパーに行こう!」

 先ず1万円で1ヶ月乗り切るにはお米が必須です。当方は女性ですので5kgのお米があれば1ヶ月は確実に持ちます。

 ここで一番安い銘柄のお米を購入します。5kgですと大体1,000円代~2,000円代です。

 そして、業務スーパーの冷凍食品を活用しましょう!

 特にオススメしたい商品としては、1kgのチキンカツです。このチキンカツは冷凍食品で価格としては大体400円前後です。

 衣もついておりますので後は熱い油で揚げるだけという優れものなのです。これを3袋程度購入します。

 お魚も食べたいので冷凍食品のサーモンやらマグロを見てみます。この時にどちらか一方を買いましょう。

 やはり冷凍食品になっても魚介類はちょっとだけお高いので(笑)

 700円~900円の出費を覚悟してください。容量はそれなりにありますので、コスパは良いのです。

 そして、冷凍野菜やインスタント食品等を見て5,000円~6,000円程度のお買い物をします。

 この時に食費としては3,000円~4,000円程度しか残りません。

「近場のスーパーの値引き品をフル活用!」

 業務スーパーで大体のものをそろえ終わったら、次は近場のスーパーの値引き品をフル活用しました。

 お米があるので後は自分で好きなものを安くなった時間帯や安くなったものを見繕うだけです。

 特に50%OFFというのはお財布にはかなり有難いものです。

 このようにして毎日を過ごしました。

 確かに貧乏すぎて惨めと感じたこともありましたが、今となっては生活の知恵として役立っておりますので、このような貧乏体験も決して無駄ではなかったと思いました。

-貧乏
-, ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.