見てはいけないもの

他人のロッカーを勝手に見ている人

見てはいけないものを見てしまったのは、バイトで来ていた人が起こしていた内容を見てしまったことです。

その時、見てしまったことで自分はどうしたらいいのだろうかと思いました。

その人を咎めることもできないし、困ってしまったのです。

ここでは私が見てしまったことについて、お話します。

・忙しい時だけのバイトの人

私が見てしまったのは、忙しい時だけ採用するというバイトの人です。

そのことから、正社員ではありません。

しかしその人も、私たちと同じロッカーを使っていたのです。

その場所は、裏になるのですが同じ部屋を使っていたことになります。

その人は、自己都合で3ヶ月でやめてしまいました。

その都合というのは、今となってはわかりません。

・ロッカーを使っている時の行動

そのバイトの人は、ロッカーのあるところで着替えをします。

着替えをする時に、ロッカーの裏を使うことになるので正社員の私たちと会うことはありませんでした。

会うとしたら、入る時ですね。

裏で着替えていることはわかってもその時に顔を合わせえることはありませんでした。

・他人のロッカーのところにいた

私が着替えをしようとロッカーのある部屋にはいった時に、その人がいることを発見しました。

しかしひとつだけ違うのは、なんと私たちのロッカーのところにいるのです。

そのことは、どうしたんだろうと思うだけで特に気に止めることはありませんでした。

ひとつ思ったことは、ロッカーにお土産などを吊るすことがあるからです。

その時も、きっとそんな理由から私たちのロッカーのところにいたと思ったのです。

・他人のロッカーを開けていた

はっきりとこれはおかしいと思ったのは、それから2週間目ぐらいのときです。

それは私がそのロッカーを使おうとはいった時に、別の人のロッカーをそのバイトの人が開けていたことです。

その時も、お土産か何かを入れているのかなと思っていました。

しかしそのバイトの人は、私が入ってきたことに動揺していたのです。

私が入ってきた時に、動揺して急いで出て行ったのです。

その姿を見て、おかしいと思ってしまいました。

・ロッカーからお金がなくなった

そして決定的な事は、ロッカーの入れていたお金がなくなったことです。

それは、なんと500円です。

500円なので、私の勘違いかと思いました。

しかしあとから同じように500円がないという人が発しているのを聞いたことがありました。

その時、もしかしたらと思って疑っていました。

-見てはいけないもの
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.