酷い会社

私が勤めた酷い会社

私が以前勤めていた会社は、かなりひどかったんです。

小さな雑貨店でしたが、そこの従業員はとにかく仕事をしないで、いつもお喋りばかりでした。

品物には埃がかかり、これではお客様がきても売れるはずはありませんでした。

そのなかでも、特に一番古株のおばさんは悪質で、勝手に人の持ち物を漁ってくるんです。

私が帰り支度をしようと従業員用の部屋に入ると、私のバッグを勝手に開けて、メイク道具を使っていたんです。

さすがに黙っていられなくて注意をすると、そのおばさんは、わざとらしく驚いたふりをして、「間違えちゃった」と言ったのです。

そんなバカなことがあるはずはありません。

バッグの色もサイズも違って、中身も全く違うのです。

それからも、そのおばさんは好き勝手していました。

お店に置いてある商品を壊しては他の従業員のせいにしたり、勝手に値札を張り替えて店を混乱させたりと、やりたい放題でした。

なぜ他の人はこのおばさんに従うのかと思ったら、どうやら店長の知り合いらしく、そのため誰も逆らえないのだそうです。

でも、このままではいけないと思った私は、店長にそのことを話したんです。

怒った店長が店にきて、そのおばさんをかなり叱りました。

これで、おばさんはおとなしくなると思ったら、なんとパワーアップしたのです。

他の従業員をそそのかして仕事をボイコット。

残されたのは、私ともう一人新人の女の子だけでした。

とてもではありませんが、二人だけではやっていけるはずがありません。

なんとか仕事に戻るように言っても、知らん顔。

自分が悪いのに、この酷い態度はないと思いました。

お店が繁盛しないのも、空気が悪いのも、すべてたった1人のおばさんのせいなんです。

それなのに、なぜ正しいことを言ったはずの私が追い込まれるのか、納得はできませんでした。

店長に言おうと思ったのですが、なんだか何をされるのかわからない怖さもあって、言うことができませんでした。

結局、1年近く勤務して辞めることにしました。

私は、いろんな会社でアルバイトをしてきましたが、ここまで酷いところは、正直ありませんでした。

私が辞めた後、そのお店はリニューアルオープンしていました。

チラッと覗くと、あのおばさんの姿はなく、上品そうな中年の女性がテキパキと働いていました。

きっと、あのおばさんのことが店長にもわかったのでしょう。

いろんなことがあったので、そのときには、なんとなく嬉しい気持ちになりました

-酷い会社
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.