見てはいけないもの

何が起こっているか分からなかった、子供の頃の衝撃的な体験

あれは、私が小学生4~6年生頃のことでした。

当時仲の良かった友達の1人(Aちゃんとします)と私の家で遊ぶことになりました。

その日はAちゃんと仲良く遊びました。

何日か過ぎた頃、ふと私のお気に入りのキーホルダーや消しゴムがないことに気づき、家の中を探しても見つかりませんでした。

その時は、どこかに失くしたんだろうとしか思っていませんでした。

たまたま、他の友達に「最近、消しゴムやキーホルダー失くしちゃてショックだった」と言うと、その友達が「そういえばAちゃんと家で遊んだって言ってなかった?」と言い、「私もAちゃんを家に呼んだ後に物が失くなっていた、Aちゃんが盗った」と思ってもいなかったことを言われてびっくりしたのですが、たぶんその子の勘違いだと思い正直、信じていませんでした。

それから大分過ぎた頃、Aちゃんを含め計4人の友達と近所の可愛い文房具などが売っている雑貨店に行きました。

可愛い雑貨を見て楽しんでいたら、友達の1人が私を呼ぶので行ってみると、Aちゃんが一人で雑貨を見ているところでした。

「どうしたの?」と聞くと「静かに見てて、分かるから」と言われたので意味が分からずに静かに言われたとおりにしていました。

すると、しばらくしてから色々な雑貨を手に取り見ていたAちゃんは周りを少し見てから、文房具を1つぱっと手に取りポケットに入れました。

何が起こっているのかしばらく理解できずに、頭が真っ白になって放心状態でしたが、友達が「ねっ、やっぱり盗ったでしょ。Aちゃんは泥棒なんだよ。ほかの子も盗られたって言ってる。信じられないよね。」という言葉を聞き少しさっきの行動が頭に入ってきたのですが、意味が分からない、何があったんだ、信じられない、と頭が混乱したのを覚えています。

その後に、Aちゃんがお店で盗んだのを見てしまった子や、被害にあっている子も他にもたくさんいるのを知りました。

それからは、Aちゃんのことは嫌いではないのですが、自分の家で遊ぶのは心配で嫌になり、Aちゃんが私の家で遊びたいと言うのでどう断ったらいいのか困って悩んでいました。

それからクラスが離れて、自然にAちゃんとも遊ばなくなりました。

それからしばらく過ぎた頃に、Aちゃんが他人のものを盗んでいる場面を見られ指摘されてとうとうごまかすことが出来ずにばれてしまったらしいよと聞きました。

その後どうなったかは知りません。

子供の頃の衝撃的な出来事で、今もまだ信じられないけれどあれが事実だったんだと忘れられない思い出です。

-見てはいけないもの
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.