ミニマリスト

ミニマリストはシンプルな服が好き

ミニマリストとして、生活をしていると自分がどんどん変わることに気づきました。 

その一つとして、なんといっても服が変わることがわかります、どんどん処分をするようになり、本当に大切な服だけを残すようになりました。

その結果、シンプルな服にすることにより、とても自分の生活が楽になりました。

ここでは、そのことについてご紹介します。気になる人は、参考にしてみてくださいね。

・余分な服は捨ててスッキリ

ミニマリストの生活としては、やっぱりタンスなども不要と思うことがあります。

タンスに入っている服について今一度見直すことにしました。 

すると、ほとんど使っていない、着ることがないものもあります。

いつかは着るだろうと思っているんですね。

しかし3年ぐらい使っていないものもたくさんありました。 

そこで、不要と思う服について全て処分をすることにしました。

それはまずフリルがある服や、デザインが奇抜なものです。

それは、使うことがありません。 

買う時に、素敵と思って買ったのですがその後に使いにくいことが分かり、そのままタンスの肥やしになっているのです。

それを処分して、他のシンプルなデザインの服だけを残してタンスが不要となりました。

処分をしたあと、困ったことがありません。

また買うこともなくなり、本当に必要な時にそれを買うということにしています。

・黒と白を使い分ける

一番コーデをしやすいと思っているのは、黒と白の服です。

そのため、それを使うことにしています。

黒と白があると朝に迷うことなくコーデをすることができるようになりました。

朝は大変ですね。

服が多いと、迷ってしまうのです。

シンプルに少ないとその少ない服で、コーデを工夫して使い分けることが出来るようになります。

朝の時間を有効に使うことができて、ホッとしています。

・さっときられる服

デザインがよくてシンプルであっても、さっときることができない服は使うことがありません。

デザインが凝っているので、それを使う時に使いにくいと思ってしまうんですね。

その結果、着る時も面倒と思ってしまうのです。

後ろのボタンがあるものや、腕を通しにくいものなども使うことがありません。

さっと着ることができて、さっと出かけることができる服にしています。

すると、とても楽です。

しかもその後に動きやすいので、その点でも同じものを着こなして使うようになっています。

いかがでしたか?

シンプルな服は、使いやすくミニマリストとして必須であると感じます。 

-ミニマリスト
-, , ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.