命の危機

アクアエクササイズで窒息死しかけました。

アクアエクササイズで窒息死しかけました。

私が窒息しかけ、命の危機に瀕した時のお話をします。

友達からの誘いで、私はプールに通っていました。

といっても、子供が行くような水泳教室ではなくて、運動不足を解消するために行う、アクアエクササイズでした。

アクアエクササイズ自体はとても簡単なもので、とくに大変なことはありませんでした。

かるくジャンプをしてみたり、歩行運動をしてみたり、クロールのように激しい動きはなく、泳ぐにしても平泳ぎぐらいです。

ちょうどその頃は、通い始めて3ヶ月ぐらいでした。

慣れてきた事から、少し油断していたのも事実です。

・足がつってパニックになってしまいました。

友達と話しながらゆったりと泳いでいた時に、事件は起こりました。

無意識に爪先立ちした時に、足がつってしまったのです。

つる経験なんてほとんどなかったので、突然の痛みに驚いてしまいました。

その瞬間、足が滑って水の中に沈んでしまいました。

体が正常に動かず、もがいているうちに、水をごくんと飲んでしまったのです。

大体水深は150センチぐらいで、足はついています。

しかし、私はパニックになってしまって、必要以上に水を飲み込んでしまいました。

友達は最初は驚いていましたが、すぐにケラケラと笑いました。

鈍臭いわね、何してんのよ、とでも言うように。

・窒息死しかけました。

しかし当の本人の私は、命の危機に瀕していました。息ができないのです。

水が喉に詰まったのか、息を吸おうとすると、何か引っかかっていて、酸素を取り込めないのです。

必死に咳き込むのですが、全然引っかかりはとれません。

私はパニックにパニックが重なり、だんだんと意識が朦朧としてくるのがわかりました。

ただ事ではないと知ったのか、友達が必死に声をかけてきます。

コーチの方も来て、私に何か叫んでいます。そこからは意識がなくなってしまい、あまり覚えていません。

次に目が覚めた時には、ベッドの上でした。医務室らしき場所に運ばれたらしく、看護師さんがついていてくれました。

まだ頭痛はしましたが、生死に問題はないとのことで、ホッとしたのと同時に恐ろしくなりました。

まさか足がつった状態で、呼吸困難になり、窒息死しかけたのですから。

しばらくは安静にしてくださいとの事で、もう一度横になると、友達が涙目で駆けつけてきました。

彼女も恐怖を感じてしまったのでしょう。あまり覚えていませんが、叫んでいたのは覚えています。

・まとめ

結局私と友達は、水泳教室を辞めました。あんな事が起こっては、いるにもいられませんでした。

もう私はプールには入らないだろうと思います。

スポンサーリンク

-命の危機
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.