不思議な出来事

恋愛下手だった私が、ずっと思い続けてきた人

私は高校生の時、一目惚れを経験しました。

体育祭の時に活躍する応援団で、副団長をしていた人がすごくかっこよかったのです。

かっこいい人なら、普通はよく喋ったり、女の子にモテモテでモテオーラが出ていたりしますが、彼はなぜか寂しげな雰囲気が出ていて、キャーキャー言われる人でもありませんでした。

私も応援団をしたのですが、彼は団が違ったので話すこともありませんでした。

ただ、ものすごく惹かれる人でした。

ある日、野球部が試合をするというので見に行きました。

そこには彼が応援をしに来ていました。

いつももの静かで、それでも一生懸命声を張り上げていました。

クールなところと不思議な雰囲気に、なぜか目が離せなくなりました。

話したことはありませんが、なぜか見かけるたびにどんどん好きになっていきました。

私はあまり恋愛経験がなく、男性と話すことが苦手だったので、一目惚れしてもどうしていいか分かりませんでした。

彼はイケてるメンバーには属しておらず、孤高の人という感じでした。

それでもやはりイケメンなので、女子たちに囲まれることがあります。

その時もその雰囲気に飲み込まれず、少し照れているところを見て、胸がはちきれそうなくらいドキドキしました。

彼は2つ年上なので、私が2年になったらもういませんでした。

他にかっこいい人や気の合う人もいました。

でも彼のことは頭の片隅にずっと残っていました。

大学の頃は別の人と付き合いましたが忘れられずにいました。

そして社会人。新入社員としてある企業に入社したとき、ばったり彼に出会ったのです。

全く変わらぬその様子に驚いたのと、予期せずまた出会えたことに倒れそうなくらい嬉しかったです。

研修の時に、思い切って声をかけました。

高校が同じだったんです、応援団でしたよね?と。

彼はそうだよ、知っててくれたんだね。と優しく話してくれました。

よく話を聞くと、母子家庭で育った彼。

小学生の時父親を事故で亡くしたそうです。

驚くことにそれは私も同じ。

私も母が病気で亡くなり、小学生から父子家庭で育ったのです。

あのもの寂しげな雰囲気と、誰かに媚びない生き方は、そのせいなのかもしれないと感じました。

私が感じてきた孤独と、よく似たものを彼も感じていたのかもしれません。

そのあと、何回か飲みに誘いました。

4回くらい楽しく食事しました。

メールもしました。

ただ、全て私からのものでした。

運命を感じていましたがどこか距離を感じて、自然と連絡することはなくなり、私も相手も別々の人と結婚しました。

ただ、すごく恋愛下手だった私が彼に惹かれて、ずっと思い続けてきたのは、とても不思議な思い出です。

-不思議な出来事
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.