辛い体験

お料理教室での辛い思い出

お料理教室での辛い思い出

かつて私はお料理教室に通っていました。

料理について何の知識もなく、勉強したいと思ったからです。

選んだのは、家から一番近い場所にある、小さな料理教室でした。

ですが、まさかそこに鬼がいるとは思わなかったのです。

・鬼がいた

先生はとても優しくて、若くて綺麗な方でした。

私のように何も知らない無知な生徒でも、とても丁寧に説明してくれたのです。

「そうです、すごいですね」とか「とても上手です。これならすぐにプロになれますよ」とお世辞も混ぜつつ褒めてくださるので、モチベーションもかなり高かったです。

しかし、それを撃ち砕いたのが、私が鬼と呼んでいた中年の女性でした。

彼女は自分のテリトリーに踏み入れるのをよしとせず、気に入らない人には酷い態度を取るのでした。

私が初めて挨拶をした時も、まるで私が見えていないかのように無視をし、こんにちはの一言もありませんでした。

また、ほかの生徒の方は彼女に好かれようと、にこやかに駆け寄っていくのです。

私には訳がわかりませんでした。

ただ、あの人は苦手だと直感しました。

まるで私を蔑むかのような目。

上から下までじろじろと、まるで鑑定しているようでした。

そして、彼女のその態度が、徐々にいじめへと変わっていったのです。

・ついにいじめられる

ある時にきんぴらごぼうを作っていたのですが、鬼の女が私の元に来て、ひょいと口に入れたのです。

突然の事に呆然としていると、「うわっ、まずっ」と聞こえるか聞こえない声で呟いたかと思うと、女性の集団の中へと紛れ込んで行きました。

そしてひそひそと話し出すのです。

「あの子のきんぴらごぼう、すごく不味いわよ。」と言っているみたいでした。

その瞬間、今までのモチベーションも一気に下がってしまい、孤立感が芽生え始めました。

鬼の女は、先生の前では人が変わったようにニコニコとしています。

先生は私へのいじめに気付いていないようでした。

・先生に相談する

ある時、先生に相談をしました。

「あの人が、私の事を冷やかしていると。」ですが先生の言葉は衝撃的でした。

「確かに彼女は誤解されやすいですけど、お料理も上手で、優秀な生徒さんですよ。

学べることも多いので、そうやって好き嫌いをつけずに、お話してみて下さい」と。

私はかっと頭が熱くなっていくのを感じました。

その瞬間、全てがどうでも良くなったのです。

私に味方はいない。そう思い、料理教室をやめました。

・まとめ

きっと、「最近の人は続けるのも出来ないのね」「あんな料理の腕で、もう満足したのかしら」と言っていることでしょう。

私にとっては苦く、辛い思い出です。

-辛い体験
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.