許せない

上司のきつい性格を許せない

仕事をすると言うことは、ある程度のことは我慢をしないといけないとわかっています。
そのように我慢をしながら働くことも、仕事の一つなのです。
しかし我慢をするのも限界というものがありますね。
私も以前に働いていた職場で、ずっと我慢をしてきたことがありました。そしてそのことを、とても悔やんでいます。
私が許せないと思ったのは、その時に一緒に働いていた上司です。上司なので、歯向かうことができませんでした。
ここでは、どんなにひどい上司だったのかについてお話します。

・自分が一番正しいと思っている

上司は、ある程度はカリスマ性が必要だと思っています。
その時の上司も、かなりきつい性格だったのですが、仕事ができる感じだったのでカリスマ的な存在になるのかと思っていました。
ところが現実は、違っていたのです。全く尊敬できるところがないのです。
まず許せないと思ったのは、なんと言っても自分のいったことが一番正しいと思っているのです。
決して、自分が間違っていたと否定をすることはありません。
誰がみても、間違っているしおかしいと思っても謝ることをしないのです。多分変なプライドがあるんです。

・部下を叱りつける

部下に対して、自分が一番偉いということを見せつけるかのように叱りつけることがよくありました。
特にひどいのは、上司がパニックになっている時です。その時は、どうか時間がすぎて欲しいと思うのですが、そんなふうにはなりませんでした。
一つのことについて、ずっと叱っているのです。しかも人格を否定するかのような叱り方です。
みんなの前で大きな声で叱るので、その叱られた人は自尊心を傷つけられてしまいやめて行くこともありました。
それぞれ部下のいいところを見て欲しいと思ったのですが、それができないのです。部下の悪いところしか見ることができない上司でした。

・研修をしても変わらない

その上司はそのように部下がどんどん辞めることで、問題のある人物となったこともありました。
問題があるので、人間関係の研修に行くことになったのです。
その研修に行くことで、上司がどんなにかわれるのかと私たち部下はとても喜んでいたのです。どうかかわって欲しいと、切に願っていました。
ところが、最初だけ少し変わったかなと思ったもののやっぱり同じだったのです。
人というのは、そんなにすぐに変わることができないと思ったことです。
そして上司により、楽しく仕事ができるのかある程度決まるのではないかとも感じました。

-許せない
-, ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.