やってはいけない

不倫の手助けをしてしまいました。

私は友達が行なっている不倫の手助けをしてしまっていました。

友人とは同じ職場で働いており、常日頃からプライベートでも仲良く、一緒に過ごす時間が多かったです。

どんな些細な事もお互い話しており、恥ずかしい悩みなども言うことができる1番の理解者でした。

そんな中、サービス業だった私たちは、他の店舗へ応援に行くことになりました。

そこでは今までに会ったことのないスタッフとの出会いがありました。

1週間継続して他の店舗に応援に行っていたため、そちらの店舗のスタッフと仲良くなるにはそう時間はかかりませんでした。

ある日、友達から気になる人ができたと言われました。

その友達の恋愛相談を受けるのは珍しく、私はとても嬉しくなりました。

相手の存在は知ってはいましたが、相手がどんな人かはその時点ではまだ分かりませんでした。

日に日に好きと言う気持ちが大きくなって行く友達を見て、私まで幸せな気持ちになりました。

応援をする最終日に、その人と友達は二人でドライブに行きました。

勿論、私は嬉しく幸せな気持ちで二人を見送りました。

その時はまだ二人の関係がこのまま続くといいなと思っていました。

そして後日、ドライブの話を聞く際に、友達から相手に奥さんが居るという話を聞きました。そして、その相手は子供もいました。

それを聞き、私は友達に「不倫は報われないし友達が辛い思いをするだけだ」と言いました。お互いにそのことについてしっかりと話し合いました。

しかし、友達の気持ちは既に大きくなっており、また相手側も友達が気になるということで、不倫関係では有りましたが、お互いの気持ちがとても大きく止めることができなくなっていました。

そして、幸せそうな友達を見ていると、やはり嬉しい気持ちになり、それ以上止めることは出来ませんでした。

店鋪が違うという事もあり、その店舗は車で4時間も離れている場所でした。

お互い毎日、連絡はとっており、時間を見つけては友達が新幹線に乗り会いに行っていました。

そして私の休みが重なった際には、私が車を出しお互いが会えるようにドライブがてらに相手側の近くまで友達を送っていました。

しかし月日は流れ、相手側が不倫関係をやめたいと言ってきました。

友達はすごく好きになっていたのでショックを受けており、立ち直るまでに時間がかかりました。

あの時にもっと私が止めていれば良かった、あの時にお互いが会う手助けをしなければ良かったなど、そこで後悔が生まれました。

やってはいけない事は本当にやるべきではありませんでした。

-やってはいけない
-

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.