苦労

就職できない自分が嫌だった 

私が苦労をしたと思うことは、なんと言っても就職できなかったことです。
その時のことを思いだすと、今でも胸が苦しくなることがあります。
それだけ仕事をすることができないと言うのは、とても辛いことなのです。
ここでは、私が体験した就職できなかった苦労話についてお話します。

・大学卒業後に仕事がない

大学を卒業したものの、仕事を見つけることができませんでした。
それは就活をしても、どこも採用してくれなかったのです。
その悲しみは、実際に体験した人でないとわからないと思っています。
自分がだめな人間のように感じてしまうのです。
このまま生きていていいのだろうかと思うこともありました。
今ではそんな気持ちになったのは、どうしてだろうと思うこともありますがその時は真剣に悩み苦しんでいたのです。

・仕事がしばらくできなかった

就職することができなかった私は、ほかの人たちが働いている姿を見ることが辛いので、しばらく働くことができませんでした。
今から思うと、どこでもいいので働いたら良かったのにと思うのです。
しかしその時の私の精神状態は,そんなふうにすぐに気持ちを切り替えて働くということにはなりませんでした。
だいたい、3ヶ月ぐらい引きこもっていたのです。

・しばらくしてコンビニで働いた

しばらくして、生活できなくなると思ったのでコンビニで働くことにしました。
コンビニでは、私と同じように就職できなかった仲間がいました。
その仲間がいることは、とても心強かったですね。
ひとりで悩んでいるわけではない、ほかの人も苦しんでいるんだと思うと、気持ちが楽になったのです。

・資格を取ることにした

大学を卒業して、そのまま働くということはそれを逃してしまうと脱落をすることになります。
すると、頑張ろうと思っても就職することが難しくなるのです。
そこで、資格を取ることにしました。
資格を取ることにより、自分の強みを持つことができると思ったのです。

・資格取得後は無事就職できた

資格を取得して、やっと正社員として就職をすることができました。
その時は、やっとほかの人達と並ぶことができたという安心感がありました。
それまでは不安で不安で仕方が無かったのです。

契約社員の時の苦しみは、忘れることができません。
人は、働くことができないと本当に悲しいしひとりで悩み続けてしまうと思っています。
一歩踏み出すことができたことが、そこから立ち直れたと思っています。

-苦労
-, ,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.