思いがけない出来事

「アセクシャル」を友人に打ち明けました。

「アセクシャル」を友人に打ち明けました。

私は、本当の意味で恋愛をしたことがありません。

男性とお付き合いをしたことはあるのですが、それも形だけ。

世間体を気にして、そして自分自身が人と違うことを認めたくなくて、無理に付き合っていただけです。

・「アセクシャル」とは

アセクシャル、という言葉をご存知でしょうか。アセクシャル(通称Aセク)とは、無性愛者、つまり、異性に対しても同性に対しても、恋愛感情や性的欲求を抱かない人のことをいいます。

いわゆるセクシャルマイノリティ(性的少数者)の一種で、私の性質はこの「Aセク」に該当します。

しかし、私は長いこと、自分のこの性質を認めたくありませんでした。

恋をしたことこそないものの、私にも世間一般のような人生が手に入ると思っていたからです。

誰かに恋をして、恋愛をして、結婚をして…そんな人生が自分にも訪れると思いたかったからです。

・恋愛・結婚という一般的な人生を諦めました。

だから、どうにか運命の人と出会うべく、引っ込み思案な性格をおして、合コンや街コンに参加してみたり、マッチングアプリを使って男性と交流を図ってみたり、自分にできる限りのことを試しました。

その中で、何人かの男性とお付き合いをし、そのたびに「今度こそ自分も相手を好きになれるかもしれない」と希望を抱きました。

しかし、それはいつも空振りに終わりました。相手を好きになるどころか、相手からの好意が増せば増すほど、自分の気持ちとの差異が大きくなるのを感じ、苦しくなります。

やがてその苦しみは、相手の方への嫌悪感にまで発展してしまいました。

私はとうとう、自分の性質を認め、恋愛・結婚という一般的な人生を諦めました。

・自分の性質や悩みを打ち明けました。

そんなとき、大好きな友人のひとりから、近々結婚するという連絡が入ったのです。

その友達は、私と同じくらい体が弱いのに、いろんなことにチャレンジできる頑張り屋さんで、しかし家のことや仕事において、たくさんの苦労をしてきた子でした。

私は彼女の苦労や頑張りの一部を知っていましたから、彼女からの報告に大喜びしました。

しかし同時に、彼女のような人生を諦めたばかりだった私は、悲しくも寂しくもあったのです。

彼女と会って話しをしているうちに、私はつい、これから結婚する彼女に対して、自分の性質や悩みを打ち明けてしまいました。

すると彼女は、私の性質に一定の理解を示したうえで、私の性質をこれっぽっちも否定せず、悩みに寄り添ってくれたのです。

・まとめ

私は、自分の性質を変だ、恥ずかしいと思っていたので、人に打ち明けるのはこれが初めてでした。

そして、打ち明けた相手に、まさかそんな風に受け入れてもらえるとは思ってもみませんでした。

彼女の思いがけない優しい対応は、私の心を溶かしてくれました。

そして、こんな素晴らしい友人がいるのだから、私の人生もそう悪いものではない、と思えるようになりました。

スポンサーリンク

-思いがけない出来事
-,

Copyright© ハッピーライフを目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.